自然なこころで生きる

たわいのない話

昔話を楽しみにしている

土曜日のランチは二週連続で自然食の店に行った。

先週は宇佐市、昨日は九重町長者原にある店を訪ねた。

ここは度々撮影に訪れるとても好きな土地だ。

台風の影響による雨で本来ならば外出しないのだが、こんな日ならば客も少なく落ち着いて食事ができるだろうと敢えて訪ねた。

予想通り私たちだけしか客はいなかった。

そのせいではないが店内は寒かった。

店に入るとストーブを点けてくれた。

 

 

料理は野菜と玄米で肉魚はなし。

妻が言うには三年前にこの店に誘ったが、当時はボリュームのある料理を好んでいたので断ったらしい。

「野菜だけのボッタクリ料金」と言ったそうだ。

変われば変わるものだ。

窓の外を見れば雨の中を小鳥が枝から枝に飛んでいる。

なぜか草木も鳥も愛おしく感じられる。

日本画のような景色に涙が出そうになった。

手のかかったであろう料理を素材の味を確かめながらゆっくりいただいた。

この写真で見る限り学校給食の豪華版みたいであまり美味しく見えないが、

実際は美味しい。

 

帰宅すると小さな会社を経営している幼なじみが訪ねてきた。

私の仕事上のトラブルを心配してのことだ。

木・金曜日にも来てくれたそうだあいにく不在だったのでそのまま帰ったらしい。

彼は八月の病気の際もすぐに訪ねて入院を強く勧めてくれた。

眼病が分かった時は、その病気に関するネット上の情報を印刷した紙の束を持って朝6時半に訪ねて励ましてくれた。

また別の日に腕が痛いと話すとすぐに駆けつけ温泉に連れて行ってくれたこともあった。

我が家から1時間以上離れた地元民しか知らないような温泉だった。

しかし、この時はドライブに行きたくて私の痛みを口実にしたと思えた。

 

職場を去り新しい仕事を始めることを伝えるとやむなしとだけ言った。

そして八月に病気になった時の気持ちを話してくれた。

彼は、私の病が重くすぐに死ぬと思ったらしい。

「爺さんになったらお前と昔話をすることを楽しみにしていたのに、それができないとなると何を楽しみにすればいいんだろうと途方に暮れたんだな。」

と他人事のように言った。