自然なこころで生きる

たわいのない話

転がり始めた石は止まらない。

 

家を建て替える際に家具屋めぐりや家具の勉強をした。

最後はあちこちの店で同業者と間違われた。

あれから家具に対する興味を失った。

 

靴を履いたり脱いだりするために玄関に置く小さな椅子が必要になった。

知り合いから別の工房を勧めれたが、何故だか気になっていたTさんの工房を訪ねた。

分かりにくい道をようやく辿って工房に着いた。

ご夫妻でそれぞれ家具と木の器を製作している。

ちょうど、木の器の展示会が始まったばかりだった。

接客は奥さんが担当のようだったが、家具職人のご主人とも短い会話を交わした。

人柄の良い職人だった。

あまり商売っ気が無くて好印象だった。

色々見て、座っていたらどれも欲しくなった。

特に胡座をかける背の低い安楽椅子が気に入った。

これには当然サイドテーブルも必要になる。

それと玄関用の椅子を買うとなると財政的にとても厳しい。

しかし、春に購入した花入の代金とそう変わらない。

そう呟くと、それを耳にした妻が「もう焼き物は買わない」と言う。

加えて「カメラも時計も買わないように」と厳命された。

どうやら彼女は買う気満々のようだった。

暴走を止めるべく熟考を促した。

 

結局、箸だけを購入した。

安堵しながら窓の外を見ると別荘のような家があった。

ご自宅だった。

後で家の中を見せていただいたがとてもセンスがあった。

ご主人のセルフビルドらしい。

 

楽しい時間を過ごせた。

しかし、財布もあまり軽くならずに済んだのが一番嬉しかった。

 

ただし、これからしばらく県内の家具職人の工房を訪ねることになるらしい。

 


The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction (Official Lyric Video)