自然なこころで生きる

たわいのない話

車の情報収集

五月の連休に写真撮影して以来カメラは携行するも全く撮影せずに三ヶ月経過していた。

一昨日久しぶりに撮影した。

写真を確認すると酷い。

それに以前ほど撮影してもワクワクしない。

ネットでカメラ情報を毎日チェックすることもなくなった。

代わりに、車の情報をチェックしている。

初めての車は義父のお下がりであるダイハツの軽、次にマツダのファミリア、大阪にいた頃はゴルフ。

ゴルフは初めてのディーゼル車だったが馬力がなくレスポンスが悪いしうるさい。更にエアコンが度々故障し閉口した。

外車に懲りたので故障がなくハンドリングの面白そうな国産車が一番と思うようになった。

そこで選んだのが日産の初代プリメーラ。これは運転が楽しかった。6年経った頃、故障が頻発したのでホンダのアコードに買い替えた。このvtecエンジンは気持ちよく吹上り前車と異なる楽しさがあった。

アコードは12万キロを超えた頃に妻が前のバンパーをぶつけて大きく凹ませたのでこれ幸いとトヨタマークXに買い替えた。

初めてトヨタ車を購入した。

事勿れ主義、長いものに巻かれるのが苦手だったのにもかかわらずその典型であるトヨタの車を買うことになるとはと苦笑いした。

しかし、トヨタ車は内装が豪華に見えるのに驚いた。

サービスは良いし、国交省に届け出ず定期点検時に修理してくれる大人の対応に感心した。

運転していると突然パワステが効かなくなりハンドルが異常に重くて車線変更すら困難になることがあった。

セールスマンはよく教育されて感心した。

なるほどトヨタ車が売れるはずだと納得した。

しかし、そに頃のトヨタ車は品質的に疑問を感じた。

奥田氏が社長の時代で1000万台の生産を目指していた。

生産台数を上げることに注力し品質が等閑にされているように感じた。

部品の精度が粗く小さな不具合が生じていた。

維持費を除けば車の性能自体に不満はなかった。

ハイオク仕様だったのでガソリン代がとんでもなかった。

それに、あちこち打つけるようになり、ちょくちょく修理する。

燃料代も含め全て自分のせいであるが、その度に愛着が薄れていく。

それで購入して10年、走行距離も11万キロを超えていたこともあり買い替えた。

 

f:id:satoufayukio:20170814081608j:image