自然なこころで生きる

たわいのない話

薀蓄を傾けず雲竹に耳を傾ける

f:id:satoufayukio:20170610004125j:image 

民謡は全くの素人だが、そうであってもこの成田雲竹という人は素晴らしい民謡歌手だと分かる。

声の伸びと艶やかさ、こぶし回し、どれを取っても抜きん出ている。

さらに、顔と姿が良い。

朴訥でしかも頑固親父のように見えるのが民謡と合っている。

 

南部小原節

最初の動画はトリオ。

ヴォーカルとストリングスにドラムのトリオだ。

ストリングス、三味線は名人高橋竹山

なんという豪華なトリオだろう。

戸外のライブだ。

白砂青松の浜辺と打ち寄せる波を背景にしている。

(白く見えるのは雪かもしれない。)

我が日本が世界に誇るトリオだと思う。

 


成田雲竹+高橋竹山 『津軽小原節』 呗:成田雲竹 津轻三味线:高橋竹山

 

 南部牛方節

この唄はとても好きな民謡なので何人かの民謡歌手が歌っている動画を視聴した。

しみじみ歌うのも良いが雲竹先生のようにあまり情感を込めずに歌うのが好ましく思える。

それにその方が民謡の本質に合致しているように思う。

 


南部牛方節 成田雲竹 (9)

 

今回で5月30日の「ランナー」から始めた「わたしの音楽小世界 全7回」(取り敢えず思いつきで名付けた)を一先ず終えるとしよう。