自然なこころで生きる

たわいのない話

声を合わせる。

先日、友人から誘われて少し変わったコンサートに行った。

蓄音機とアコースティックギターの二部制だった

蓄音機の方は予想した通り音的には問題にならなかった。

大好きなバッハのシャコンヌが蓄音機で再生されたが、雑音だらけ、演奏者の腕も現代のヴァイオリニストに遠く及ばない。何より、四枚のレコードで再生するので三回再生が中断されて堪能とは程遠いレベルだった。

 

第二部のアコースティックギターと生歌は趣味が合わないのでこれまた聴いているのが辛かった。

一曲だけ聴衆が合唱した。これは良かった。

合唱はそれ自体素晴らしいと再認識した。

よって、演奏者の評価は変わらず。

 

ロシアの正教会の音楽は合唱が特徴だ。

その歌声は天使的でさえある。

この曲を聴くと邪な思いに囚われている自分でさえも浄化されるような気がする。

 


RUSSIAN ORTHODOX CHURCH MUSIC "Hallelujah" - WATCH LINK INFO

 

 


「木蘭の涙~acoustic~」スターダスト☆レビュー【LIVE】

この曲のコメント欄に心動かされる。

コメント欄を読んでいくうちに、コメントを寄せた方々がこの曲を合唱しているような気がしてくる。