自然なこころで生きる

たわいのない話

ロシア語は読めない

ウクライナ人のSNS友達のTさんはいつも私にロシア語でメッセージをくれる。

ロシア語文化圏なので仕方ないと思わないではない。

しかし、他の国に人には、例えばイタリア人にはイタリア語で、ドイツ人にはドイツ語で対応している。

私も日本語で返信したが、それでも相変わらずロシア語。

久しぶりにメッセージが来た。花の写真が添付されていた。

まだロシア語、またロシア語。

そもそもキリル文字は読めない、書けない。

それで今日もエキサイト翻訳にお願いする。

いまいち意味不明。

エキサイト翻訳を元に思い切り勝手に意訳する。

こんにちはお元気?、白い花の写真を送ります。春の訪れを一緒に感じましょう。

 

そういえば母国語でメッセージをくれるのはこの人くらいだ。

クロアチアの人、ジョージアの人、ドイツの人、タイの人も日本語だ。

そうでない場合は、英語。

Tさん機械翻訳でいいから日本語あるいは英語にしてくれと切に願う。

 

返信はエキサイト翻訳先生にお願いしてロシア語にした。原因は多分これだ。