自然なこころで生きる

たわいのない話

どちらがお好み

先日ひさしぶりに体重計に乗った。

最近の体重計は体脂肪率や内臓脂肪率まで計測できるのに驚いたが、余計な判定までしてくれる。

「軽肥満」との判定。

生まれてこのかた痩せている、痩せ過ぎと言われ続けてきた。

二十代の頃スーツを買いに行くと上着とパンツのバランスが悪く困った。

手が長いので上着のサイズを手に合わせるとパンツのサイズが大き過ぎ、パンツのサイズを詰めるとフォルムが崩れる。洋服屋も困っていた。

それが軽肥満とは。 

しかし、運動もせず食事の節制もしなければそうなるのは当然のこと。

一昨日から歩くことにした。

さて何日継続できるやら。

運動不足と食事の不摂生はカメラを持った際の身体に影響した。

一眼レフを持って撮影した後で出勤しようとすると腰が痛い。

筋力の衰えた軽肥満の身体には一眼レフカメラは重過ぎたようだ。

身体を痛めてはまずかろうと、泣く泣く(嬉々として)軽いミラーレスカメラを購入した。

(嬉々として購入したが、支払い金額に泣く羽目になった。資金繰りはどうしよう。)

撮影した結果が以下の通り。

いうまでもなく最初の二枚が同じカメラ、後のニ枚が別のカメラ。

天候と時間、レンズも別々、露出と角度も異なるので全く比較にはならないが、優劣や好みはどちらであろうか。

 

f:id:satoufayukio:20170313091440j:image

 

 

 

f:id:satoufayukio:20170313091525j:image

 

 

 

f:id:satoufayukio:20170313091503j:image

この写真は後日ブログで使用する予定だったのに・・・

 

 

f:id:satoufayukio:20170313095540j:image

 

最初の二枚の方がなんだかいい感じのように思える。