自然なこころで生きる

たわいのない話

My Sweet Lord

昨日の記事で写真撮影の際に気を付けている点を述べたが、失念していたことが二点あった。

一つは写真撮影の前のことになる。

いろんな写真を見て心惹かれる写真を見つける。

そして心惹かれる写真をパクる参考にしている。

色と形だけにとらわれるのではなく、その写真のどこに惹かれるかを考える。

カッコつけて言えば本質ということになろうが、所詮パクリ参考にしているので偉そうなことは言えない。

 あとは実践のみ。

 

もう一つは写真撮影の時にカッコつけないようにしている。

花弁から透過する光を撮影しようとするとまっすぐ立っていては撮れない。

しゃがんだり、あるいは寝転んだりしないと撮れない。

クリスマスローズの写真を撮影した時は、玄関前の階段の一番上に鉢を置き、階段に寝そべって撮影した。

幸い通行人がいなかったからいいようなもの、相当奇妙な人間に見えたことだろう。

バリアングル式の液晶画面があるカメラならそんな苦労をしなくて済む。

それがないカメラなので人の目を気にしてカッコつけては撮れない。

 

人の曲を参考にしたパクったと言われたのがこの曲だ。

果たして盗作したのか分からないが、この曲がしばらく聴けなかかったのを覚えている。

この曲の盗作問題が出た時、ジョン・レノンは「分からないように盗作しなければ」と言ったという。何かの雑誌の記事だったと記憶している。

天才は盗作の才も有するのかと感心した。

しかし、人間が作る諸々のことで誰かの物真似ではないものが果たしてあるのだろうか。

完全なオリジナリティは存在しないのではないかと思う。

それはそれとしてジョージ・ハリソンがパクった作った曲をどうぞ(どっちか分からなくなった)。

この頃のジョージ・ハリソンは西洋絵画で描かれるキリストのパクリみたいだな。本物のキリストは見たことがないが。

 


George Harrison-My Sweet Lord (Studio Version) Original