自然なこころで生きる

たわいのない話

普通の生き方

f:id:satoufayukio:20170101112746j:image

 

最近、色々なことに拘りや意欲が無くなった。

しかし、無気力とも違う。

ギリギリの所を生きて行くという感じがしないのだ。

これまで相当無理していたのだろう。

二十代後半から三十代の頃に撮られた顔は神経が剥き出しになったようでどこか狂気を感じると妻が言っていた。

開き直るとだからこそこの仕事が出来るのだと思う。

そんな状態から自然な生き方が出来るようになったのだから。

一年前とは別人になったような感じがする。 

 

 

f:id:satoufayukio:20170101201459j:image