自然なこころで生きる

たわいのない話

待降節ー改心

いよいよ今週の土曜日はクリスマスイブ、来週の日曜日はクリスマスです。

「神であるイエス・キリストが人として生まれたのは清浄な世界ではなく欲望、高慢、妬み、怒りなどが渦巻く汚れたこの地上です。」(ある神父さんのことば)

イエス・キリストは、我欲の塊であり邪な思いに苛まれそれを弄ぶ私たちの心にお生まれになられてずっと住んでおられる。

最も汚れた邪な欲望を心に抱く時、私たちの心にいらっしゃるイエス・キリストは「たとえ人があなたを罪に定めても私はあなたを罪に定めない。もうしてはいけない」と優しい憐れみの目で私たちに語りかけて下さる。あの姦通の現場で取り押さえられた女に語りかけたように。

私たちの心が邪な欲望を抱く度にそう語りかけ赦して下さる。

何度でも。

私たちを救い再び立ち上がらせるために。

これは私の解釈に過ぎませんが神の救いとはそういうものであると確信しています。

 

f:id:satoufayukio:20161218071440j:image