自然なこころで生きる

たわいのない話

冥府行ーHallelujah

これまで観た能の中で最も優れた能楽師と囃子方だった。 梅若玄祥さんは膝が悪そうで歩行がきつそうだった。 これだけが残念であった。 しかし、この現代能はやっぱりギリシアの円形劇場で演ずるのが相応しいように思えた。 能舞台ではいささか狭すぎる。 こ…

現代能

今度の日曜日は能楽堂で能を観る予定だ。 人間国宝の梅若玄祥による現代能「冥府行〜ネキア〜」だ。 昨年の11月末に宝生能楽堂で辰巳萬次郎の「景清」を観て以来であるし、現代能は初めてなので楽しみにしている。 2015年7月にギリシャのエピダウロス古代劇…

雪景色の会

本の会は今回も皆さんの楽しそうな笑顔のうちに終了した。 今回は2時から7時半までの長丁場だった。 参加者は14人。 2時から5時半までは庄屋サロンで映画の鑑賞と感想を述べあった。 その後雪安居(中谷宇一朗博士の旧宅を移築)で新年会。 積雪のため電…

明日は本の会の映画鑑賞会

明日は湯布院で本の会があります。 と言っても本ではなく映画の鑑賞会です。 カズオ・イシグロさんの「日の名残り」です。 亀の井別荘に隣接する庄屋サロンで午後2時から午後5時までです。 その後、場所を変えて亀の井別荘内の雪安居で本の会のメンバーで…

長崎へのドライブ(2)

アーケードの浜んまち商店街から中通り商店街に向かいました。 この商店街は江戸時代中期から続く長崎で最も古い商店街です。 確かに古くから続く商店があります。 散策にもってこいの商店街でした。 この中通り商店街と平行に流れているのが中島川です。 中…

長崎へのドライブ(1)

長崎で撮影した写真をアップしましょう。 言い訳になりますが、帰宅後に写真を見て思ったのが「下手」・「センスがない」ということです。 それをアップするのですから厚顔無恥以外の何ものでもありません。 自宅を午前9時半に出て帰宅したのが午後9時半、…

病み上がりの道

病み上がりでありますが、これから長崎まで日帰りドライブに行ってきます。 目的は・・・ドライブであります。 片道三時間ちょっと。 良き写真を撮影できたなら、いや写真の出来にかかわらず記事にしましょう。 皆様も良い休日を。

今年もよろしくお願いします

(宮崎県綾町の綾城です) 昨年末に風邪を引き昨日までずっと臥せっておりました。 一旦治ったと思ったら翌日から振り返し今朝まで寝ておりました。 臥せっているときに思い至ったのが炭水化物ダイエットでした。 ご飯は1日三食で小さな茶碗一膳分のお粥のみ…

キリストの御降誕

キリストの御降誕をお慶び申し上げます。 皆様の上に神様の豊かなお恵みがありますようにお祈りします。 Gloria in Excelsis Deo

余の救い

「余の救い 余は余が好んで救われたのではない、余は余の意に逆らって救われたのである、余は現世を愛した、然るに神は現世における余のすべての企図(くわだて)を破壊し給いて、余をして来世を望まざるを得ざらしめ給うた、余は人に愛せられんことを希うた…

祈りに感謝

ある方のお祈りのおかげでカズオ・イシグロの「日の名残り」が手に入った。 中心部の大型書店に問い合わせたところ在庫がある。 取り置きしてもらい夕方取りに行った。 夕食の支度を終えた後から断続的に読み始め、さらに早起きし読んだ。 朝7時に読了した。…

開催日決定

次の本の会の実施日が決まった。 1月11日午後2時から、場所は庄屋サロン。 カズオ・イシグロの「日の名残り」の映画を鑑賞する。 当日はどんど焼きが開かれ源流太鼓やぜんざいも振る舞われるという。 K神父さんを始めみなさん既に小説は手に入れ読み始めてい…

銀色の道

子供の頃はザ・ピーナッツが苦手だった。 多分見た目に原因があったのだろう。 しかしこの歌はとても好きだった。 あの頃の日本はみんな頑張っていた。 大人は一生懸命に働いていた。 前向いて歩いていくんだ、きつい坂を登るんだ。 みんな頑張っていた。 希…

暖炉の炎

寒いのでエアコンを入れようと思うが電気代が心配になる。 そこで一年振りに暖炉に火を付けた。 薪は三年ほど寝かせていたので直ぐに燃える。 薪のストックを調べたらほとんど無かった。 こりゃ大変だ。 薪を購入するとエアコン代よりもかかる。 かといって…

ヤフオクとチーズ

内村鑑三全集全40巻をヤフーオークションで競り落とすことが出来なかった。 他の人が69000円で競り落とした。 それ以上出せないことはないが必要なものは「ロマ書の研究」だけで、それは図書館で借りられるので諦めた。 20世紀最大の神学者と言われたカ…

第三回本の会を振り返って

読書会(本の会)はどうにか軌道に乗りつつあるのではないか。 参加人数は8人くらいが適切と思ったが、昨日のように10人でも問題は無いと思えた。 それでも一人一人が満足できる発言時間を確保するため15人が限界であろう。 僅か二回の経験であるが、参加者…

本の会ー映画鑑賞

12月8日つまり今日の午後2時から本の会ー映画鑑賞会が庄屋サロンで行われた。 鑑賞したのは溝口健二監督の雨月物語。 参加者は10人。 全員が意見を述べ合う楽しい集いになった。 皆さん作品を褒めたり心惹かれた点を話すのかと思ったら豈図らんやリアリティ…

古い腕時計

腕時計の調子がおかしい。 遅れたり進んだりする。 この時計は妻の海外旅行のお土産で20年ほど使い続けてきた。 クオーツ時計なので寿命と思うが、妻のプレゼントであるし重さを気にしなければ気に入っているので修理してもらえる店を探してみてもらった。 …

身を呈して

Tさんの3歳になる子供さんは生まれた時から重い病気を患っています。その原因は3年前にTさん一家が正月に実家に帰省した際に生じたのではないかとTさん一家と親族は考えているようです。少なくともTさんの奥さんとそのお父さんはそう確信しています。 Tさん…

あなたは貧しくなるほど私に全てを与えてくれた

12月8日(金曜日)午後2時から庄屋サロンで溝口健二監督「雨月物語」の映画を見る会が行われる。 これは読書会の派生版映画編というべきものとなる。 将来的には映画編、仕舞編、音楽編など読書会から派生したものができないだろうかと夢想している。 この庄…

青頭巾の顛末ー読書会報告

参加者は10人、ほとんど初対面の方ばかりだった。私以外は皆さん知り合いのようだった。 司会進行した2時間はあっという間だった。 完全無農薬で葡萄栽培をなさっているご夫妻、浄土真宗の僧侶、亀の井別荘のオーナー夫妻など様々な職種、三十代から八十代ま…

元絶対君主の嘆き

一泊研修会が思いの外早く終了してので、自然食品の店まで卵を買いに行った。 あいにく売り切れだったが、遠くからわざわざ買いに来てくれたのに申し訳ないとオーナーが店の調理用に取って置いた卵を分けてくれた。 オーナーから卵や肉、野菜などがいかにひ…

心の平安は不安がないことではない

「いつくしみとあわれみー慈悲ー 2016シンポジウム記録」 人間のゆがみ(罪)の「根源をたどると、愛されること、愛されるに任すことを拒むところにあります。自分を偶像とするまでに自立にこだわることです。」(中略)この「自立」へのこだわりは(中略)…

湯布院 亀の井別荘

亀の井別荘に隣接する金鱗湖。 亀の井別荘内 宿泊エリア以外は誰でも自由に立ち入ることができます。 大半が韓国人の観光客の様でした。 大声がこの場の雰囲気を台無しにしている様です。 ぶつかっても知らん顔です。 許可を得て立ち入り禁止エリアから。 こ…

ムスタキ

確かスーツを仕立てた店のオーナーはムスタキのファンだった。 ムスタキの名前は聞いたことはあったが歌は聞いたことがなかった。 今回彼との会話を思い出してムスタキの動画を探した。 こんな曲を歌っていた。 ムスタキ「ヒロシマHiroshima」

移ろい易いもの、細々と続くもの

40代の頃は陶器が趣味だった。 加えてスーツと靴。 スーツと靴はそれぞれあれこれ調べているうちに、一点あたりの購入金額が上昇し続けた。 ついにそれぞれオーダーするようになった。 スーツは地元の老舗で仕立てた。 店に入りまずオーナーと話をした。 …

山口市へドライブ(山口の旅2)

角島大橋を渡った後、時間があったので山口市へ向かった。 さすが何人もの総理大臣を輩出している県だけあって道路は見事に整備されている。 車道はもとより、山の中であっても歩道が広くとられている。おまけに車の通行量が少ないので運転しやすく快適なド…

意外な「縁」

日曜日、夕食に招待されていた友人宅を訪れる。 今年の初めに京都から転居された作家のNさんが住まわれている。 夕食後の団欒で読書会のことを話すと大変興味を持ってくださった。 彼は教育問題を中心に60冊ほどの著作があり真面目で寡黙な方だ。 残念なが…

角島大橋(山口の旅1)

幼馴染から勧められた角島大橋に行った。 当日は、波が荒く(いつもこんなものかもしれない)橋を走行中に車が波をかぶった。 海の中を車で走行し、その上波をかぶるなんて初めての経験だった。 角島大橋 左に折れ曲がるあたりで波をかぶった。 橋を渡り島か…

読書会の開催日時と場所

読書会が11月16日(木曜日)の16時から開催されます。 場所は湯布院の亀の井別荘に隣接する庄屋サロンです。 亀の井別荘といえば湯布院を代表する旅館です。 鶴見俊輔氏も常連であったと聞いております。 この日のためにすでに世話人のMさんと二人で大分と湯…