自然なこころで生きる

たわいのない話

悲しみ

絵画でも彫刻でも陶磁器でも心惹かれる作品は悲しみがある。

マーク・ロスコの作品を見て最初に感じたのは悲しみだった。

ハンス・コパー、ルオーも然り。

悲しみは芸術作品だけに見られるだけでなく、人間という存在の根底に共通してあるのではないだろうか。

河合隼雄先生は、人間が自然から切り離されたことからくる悲しみが人間存在の根底にあると述べていたように記憶している。

 f:id:satoufayukio:20170304172801j:image

人間だけが自分が死にゆく存在であることを認識している。

したがって、日常生活で忘れているにせよ人間は生が終わりのある儚いものであることを知っている。

すべてが死によって失われ、何も残らず何も残せない。

死がなければ何かを残そうと思わない。

残せないと知っていながら残そうとする。

死にゆく存在の虚しく儚い努力。

それらが人間存在の悲しみであるのではないか。

それは私たちの心の奥底に静かに沈み込んで、通常は姿を見せることはないしそれがあることすら気づかない。

優れた芸術家は光届かぬ深奥に沈んでいる存在そのものの悲しみを掬い取って形にしているのではないだろうか。

  

f:id:satoufayukio:20170224231312j:image

 

人間存在に共通する悲しみとは別に個人の悲しみがある。

一時的な感情ではなく、個人の経験から生じ死に至るまで引きずっていかなければならない悲しみあるいは心の痛みである。

生きて行く中で他人を傷付けなかった人はいない。

他人を足蹴にしたことがない人はいない。

どんなに仕方なかった、気付かなかったと弁解しても傷付けられた相手の悲しい目が心から消えることがない。

我が身を振り返ってみても、どれだけ多くの人を傷付け、足蹴にしたことか。

余りの数の多さ、酷さに愕然とする。

自分の業の深さ、罪深さに心に痛みと深い悲しみを覚える。

もちろん私も傷付けられ足蹴にされてきた。

私たちは互いに傷つけ足蹴にし合いながら生きていく悲しい存在なのだろう。

 

母は職場では大変厳しい人であり一部の人からは蛇蝎のように嫌われ陰口を言われていた。

しかし、母は子供には優しかった。

生母と別れた子供、特に継母に育てられている子供に同情以上の深い思い入れがあった。

小学生の頃、継母に育てられている同級生が一人いた。母は彼に会うといつも優しくその同級生に声をかけていた。

同級生も母を見ると嬉しそうに「おばちゃん」と呼んで母のそばに来た。

母は彼の身を案じ、継母に虐められていたことに心を痛めていた。

彼は時折私に全く理不尽な暴力を振るった。

そのことを母に話すと意外にも母は怒らなかった。

むしろ継母に育てられている彼に同情し私に我慢するように言った。

母が彼に注ぐ眼差しは他の同級生に注ぐそれよりもはるかに優しかった。

私に注ぐ眼差しとも異なっていた。

母は遠くの土地に三人の子供を置いて婚家から戻った。

三人兄弟は継母に育てられた。

その当時私はそのことを知らなかった。

おそらく、彼に注がれた眼差しは遠くの土地に残し継母に育てられている自分の子供に対するものであったのだろう。

母は決してそのことを口にしなかった、それが却って母の悲しみの深さを物語っていた。

母にこのような悲しみがあったことは母を蛇蝎のように嫌っていた人たちは知る由もなかった。

 

母が亡くなったとき、遠くの土地に住む長兄に電話で知らせた。

長兄は生き別れから三十年経って初めて母と再会した時のことを話してくれた。

 一番下の兄は母に「あなたを母親と思ったことは一度もない」と言ったそうだ。

家族葬だったが、三人の兄達は葬儀に参列しなかった。

兄達から何の便りもなかった。

 

 

 

城下町散策

城下町大分県杵築市を散策。

 この町は二つの丘に武家屋敷がある。

写真のこちら側と向こうに見える坂の上が武家屋敷。

二つの丘に挟まれた坂の下に商家が立ち並ぶ。

f:id:satoufayukio:20170223181848j:image

 坂を下りて向こうの側の坂を登る。どちらの坂の上でも立派なお屋敷を見ることができる。羨ましいが維持費が大変だろうと余計な心配をする。

f:id:satoufayukio:20170223181921j:image

坂を登る。 

f:id:satoufayukio:20170223182023j:image

 今来た道を戻る。坂を下り坂を登る。

城に向かう。すこし遠く感じたので引き返す。

 

武家屋敷が多く残る。

中に入ると懐かしさを感じる。

と思ったのも束の間、鴨居に頭をぶつける。

江戸時代の成人男性の身長は低い。

f:id:satoufayukio:20170223182109j:image

 遠くに城。

f:id:satoufayukio:20170223182143j:image

 城下町ではカトリック教会も和風。こちらの主任司祭であるフラガ神父は料理本を出版しているほどプロ級の腕前。何度か食べさせていただいた。高齢で入院中。

f:id:satoufayukio:20170223182351j:image

茶碗が象徴するもの

抹茶茶碗を鑑賞するときは、真横から観る。

高台から縁にかけて立ち上がる側面の曲線を観る。

微妙な曲線を描いているか、膨らみ具合はどうか、外側に開いた曲線が縁に至る直前再び収束するかなどだ。

つまり括れ。

側面が直線であるとシャープであるけれど貧相な感じがする。

磁器の茶碗にはそういったものが多い。

この真横から観た曲線は何かに似ている。

女性の臀部だ。

ある高名な陶芸家親子の茶碗は側面の曲線にそれぞれ特徴があるそうだ。

「先代の作る茶碗の曲線は歳を取った女性の臀部の曲線で少し垂れ気味であるが、私のは若い女性のそれだ」と日本で一二を争うほどの技術を持つ息子氏が教えてくれた。

作り手が見ている女性によって曲線が異なるのか。

女性の臀部は生命の象徴である。

陶芸家は知らず知らずのうちに生命の象徴を創作しているのだろう。

もう一つ生命の象徴がある。

乳房だ。

茶碗を裏返して斜め上から観ると乳房に見える角度がある。

これが磁器のようにシンメトリーであるとどの角度でも乳房に見えない。

側面が直線だと単なる円錐形だ。

人間の身体は微妙な曲線を描いている。

助平親父の変態的鑑賞と思わないではないが、良い茶碗とは女性の身体の象徴であるように思える。

 

もう一つ助平親父の鑑賞話。

茶道の茶碗として最も優れたものが井戸茶碗である。

井戸茶碗にも種類がありそれぞれ名品がある。

一番大きいのが大井戸茶碗である。

大徳寺の喜左衛門が一番の名品といわれている。

写真では枇杷色をしているように見えるが、実物はもっと白いらしい。白い肌色とでも言うべきか。

実は先ほどの茶碗の特徴は大井戸茶碗にこそ最も当てはまる。

茶室の中でこれを用いてお茶を点てる。

薄暗い中に井戸茶碗の白い肌色が浮かび上がる。

その中に抹茶の緑色が鮮やかに円を描く。

茶人たちのおそるべき色彩感覚に脱帽する。

しかもなんと艶かしいのだろう。

 

ここまで述べれば写真は茶碗になるがそれはいつかということで

明るい陽の光に照らされた健康的な白、黄、緑、影の黒。 

A Taste Of Honey

高校生の頃にこの曲を初めて聴いた。

 この曲はビートルズ最初期にレコーディングしたものだが彼らのオリジナルではない。

ビートルズがカバーした曲は古臭く下らないと思いながらもこの曲は何故か好きだった。

しかし、深夜にこれらの曲を聴いていると、これから進もうとする自分の世界と曲の世界はあまりにも隔絶しているような気がした。

不良の匂いがした。

 

小学校の頃から不思議に「不良」と呼ばれる先輩に可愛がられた。

中学時代の友人は一人を除くとみんな「不良」だった。

彼らの成績は最低クラスだったが放課後は一緒に遊んでいた。

その中でも最も粗暴な「不良」と呼ばれた同級生と二人で通学していた。

一人で通学したかったが、通学路に家があった彼は毎日私が通学するのを見張っていた。

一人で通うことは叶わなかった。

彼らは皆ナイーブで優しく友情を大切にしていた。

件の同級生は一番最初にお祝いをしたいからと言って誕生日の午前零時に自宅までお祝いの品を届けてくれた。

彼らは外観と異なり酷く傷つきやすかった。

傷付く自分を守る為にあるいは傷付いたことを表現する為に暴力という形を用いているように感じた。

ナイフで喧嘩相手を刺した本物の「不良」である高校生の先輩がいた。彼は私と道で会う度に当地で一番の名門校に進学するために勉強するようにいつも励ましてくれた。

勉強しなければならないのは先輩あなたでしょうと心の中で言いながらうなづいていた。

一緒に通学していた件の同級生はその先輩のいる高校に進学し、先輩と組んで他の不良相手に喧嘩ばかりしていたという。その先輩はヤクザを殴りしばらくあるところに匿われていた。

彼らは粗暴だったが、不思議なことに私は一度も暴力を振るわれたことがなかった。

一度、一緒に通学していた件の同級生を怒らせたことがあったが、彼は必死で拳を握りしめて殴りかかろうとするのを止めていた。

 

もちろん私の交友関係を担任の先生はご存知だった。

家庭訪問時に担任の先生から「君が付き合うべき人間ではない」と言われた。

私のことを心配して下さっていることは有難かった。

しかし、自分の交友関係を人からとやかく言われる筋合いはないし、教師が人間関係の本質を無視していることに腹が立った。付き合いたくない人間はいるが、付き合うべきでない人間は果たしているのだろうか疑問だった。

 

高校に「不良」はいなかったし、私は自分の部屋の「孤島」で内面を築くことに没頭したのでその後彼ら「不良」と接点はなかった。

それにしてもなぜ高校に進学するまで「不良」と仲が良かったのだろうか。

何年か前、妻から「あなたは本当なら不良になっていたかもしれない。ただ不良になるには頭が良すぎた」と言われた。

そう言われて初めて「不良」と仲が良かった理由が何と無く分かった気がした。

 

私は「不良」になるまいと必死だったのだろう。

分厚い皮膚が心を覆っていて「不良」になるには優しくないしナイーブではなかったのだろう。

それに「家」を守らなければならなかった。

「不良」の匂いのするビートルズの最初期のカバー曲に隔絶した世界を感じたのは曲自体に「甘さ」を感じていたのだろう。必死に耐えてない甘い「不良」を。

 

それはそれとして改めて聴くと良い曲であると思う。

バックコーラスのジョン・レノンの声が若い、むしろ硬い。

これに対し、ポール・マッカートニーの声は若い頃からあまり変わっていないように思える。

演奏はそれなりだ。

この頃からラバーソウル、リボルバーまで彼らの曲には若さと疾走感があった。

しかし、すでにリボルバーでは暗い影が差し始めている。

 

 

youtu.be

中津城

中津城は息子が小さかった頃家族4人で来たことがある。

お城のある街は風情がある。

 

明治になり城を破壊したのは間違いのように感じる。

明治政府は革命政府だったのだろう。

 

sns中津城の写真をアップしたら外国の人からの反応が良かった。

 

梅の枝にはおみくじ。

 

 

 

天守閣から見た町並み。

 

 

お堀から天守閣。

 

理系のクリスマスローズ

知り合いが栽培したクリスマスローズを妻が購入した。

その方はある化学薬品を生産する企業で研究職に携わっていた。定年退職後はクリスマスローズの栽培をされている。

研究者だっただけに、蓄えた詳細なデータベースを基に様々な品種を交配し新品種を作っている。

先日読んだ本でスピノザの「神学政治論」の論理の進め方を知ると、ベルクソンとホワイトヘッドの本を読みたくなって図書館から借りてきた。

しかし、スピノザベルグソン、ホワイトヘッドは頭が良過ぎて難しい。

一般的に頭の良い理系の方の本は面白い。

言葉が情緒的でなく曖昧さがないので読みやすい。

鶴見俊輔はハーバードで哲学を学んだが、その哲学は数理哲学だった。

哲学は文系学部であるが、数理哲学となると文系なのか理系なのがわからない。

そういえばホワイトヘッドはイギリス時代は数学を教えていたがハーバード大では哲学を教えた。

(ホワイトヘッドの最終講義を鶴見俊輔は聴いたらしい。)

スピノザの「エチカ」は文系のボンクラ頭では読み始めてすぐに投げ出したくなる。

 

短歌は多義的かつ曖昧で文系の典型のような気がする。

短歌は昔から苦手だった。

読んだ後、いつもそれで?となる。

最近は解説を読んでその重層的かつ多義的な意味に感心する。

理解できなかったのは自分が子供だったからと思うようになった。

俳句は芭蕉の「荒波や佐渡によこたふ天の河」。

この句は衝撃的だった。

17文字にこれだけの空間と光の明滅、動きを表現できるのかと芭蕉の天才に感服した。

以来私の中では芭蕉宮沢賢治の二人が日本を代表する詩人である。

 

淀屋橋でサラリーマンだった頃、システム開発のプロジェクトチームに配属された。

四つの課の出身者から組織され数学科出身者を核に周辺に文系のメンバーを配した玉石混交のチームだった。

私はわが課の代表というよりも補欠要員で、もちろん文系の石の方だった。

チームはさらに少人数のチームに分かれていた。

そのチームでは問題点について私と数学科出身とはいつも同じ結論になった。他の文系出身者とは意見が異なった。

おかげで数学が得意と誤解されたのか微分を使う特別セクションの担当を命じられた。

もちろんさっぱり分からなくてしばらくしてお役御免になった。

数学科出身の上司に申し訳なかった。

 

 

 

 

 

明日からはまた粗食だ

お祝い日ゆえにランチにもかかわらず大奮発した。

といっても土曜日しか夫婦の都合がつかないのでお祝い日当日ではない。

基本的に料理の写真は撮らない。

早く食べないと料理をした人に失礼だ。

何より食欲が全てを忘れさせる。

意地汚いのだろう。

この店は家族経営で自宅が店舗。

個室で他にお客はいないしオーナーシェフとは気心が知れている。

撮影とネットにアップすることの許可を頂いた。

 

シェフはヨーロッパの在外公館に勤務されていた。

アレルギーのある食材と好みの食材はお知らせしている。

注文は一つだけ。日本風にはしないこと。

 あとはシェフにお任せしている。

 

大袈裟に言えば作り手と食べ手の勝負。

さりげ無く使われた食材を分かるかどうかをシェフが楽しみにしている。

もちろん我らはエースの妻が判別してくれる。

私はさっぱり分からない。とにかく胃袋に入れるのに没頭する。

前口上が長過ぎた。

 

 まずはワインで乾杯

 

 前菜は妻の好みの鮑と黒トリュフ、栄螺、たらの芽など。

 

 フォアグラ入りのパテと地元で採れた新鮮な野菜。

 

 エンドウ豆のスープ

 

 鮑と舌平目の瞬間燻製。

シェフ曰く、地元で採れたこの舌平目は大きさ身の厚みからノルマンディ産にはるかに勝る。

 

口直しにマンゴーのシャーベット。

 

 メインはフランス産の鴨に黒トリュフと金箔入りのソース。

トリュフが入るとバルサミコ酢を使ったソースにコクが出るらしい。

小鴨なので肉の繊維が繊細で柔らかい。

 

 チーズ。撮影したときはすでにいくつかはすでに食べていた。

 

デザート。コーヒーは写さず。

値段は料理の内容からすればありえないくらい安い。帰路の車中から会計を間違えていないか聞いたほど。

帰宅したら息子が帰省した。

妻が小声で毎晩目玉焼きや玉子焼きという訳にはいかないよね、献立を考えなければと言っていた。

明日から粗食を貫かなければならないのに、困った。