自然なこころで生きる

たわいのない話

泡沫のように消えた余韻

 

ようやく晴れ間が見えた。

先週は雨が長く降り続き、雷も丸一日鳴っていた。

 

 

先日は久し振りに能を観た。

番組は「隅田川」だった。

武田文志氏と武田宗典氏からそれぞれストリーと能楽師の所作についてあらかじめ解説があったのでいつもより深く理解できたように思えた。

解説の中で、能はセリフを完全に理解しようとせず(元々それはかなり困難なことである)体全体で感覚を受け止めて欲しいと話しておられたのが印象的だった。

私の観能も基本的にはそういう態度で望んでいる。

たとえば能楽師はごくわずかに上半身を前に傾けることで悲しみを表す。

定型的といえばそれまでだがその中に感情とその動きを表現する。

それを観客が頭ではなく体で受け止める。

むしろ体と知性を透過し、さらに深いところで彼我が一致するのが能なのではないだろうか。

無意識・深層意識部分で繋がり一つになる。

そういう意味で観客と能楽師が一つになって作り上げる舞台なのであろう。

(舞台の本質は須くそうだと思うが)

だから舞台が終わっても拍手がない。

観客は静かに余韻を味わいながら会場を後にする。

本来は。

残念ながら昨日の観客はそうではなかった。

まだ能楽師が橋掛りにいるうちに大きな拍手を始める。

なんとも興ざめであった。

余韻も泡沫のように消え去る。

つまり観客は能楽師と無意識・深層意識で繋がっていなかったのだ。

完全に主客に分離していたのだ。

一座建立になっていなかった。

 

無作法は他にもあった。

非常に残念、いや悲しくなった。

これが当地なのだ。生まれ故郷でありながら当地が嫌いな理由だ。

 

fratesはwikipediaによると「親族、兄弟、同志」という意味らしい。

この曲も電脳世界の古くからのそして新しい同志、兄弟、友人に送ろう。

辛い思いをしている友人、楽しい文を綴る友・友人に。

 

 


Arvo Pärt: Frates (for cello and piano) (1989)

 

 

流れた星

学生時代、みんなフォークソングを聞いて、そして歌っていた。

自作の曲をギターを弾きながら披露する者もいた。

ビートルズが好きだという者は少数派だった。

高校の同窓会で音楽の話になった時にビートルズのファンはもう少し年上だったと言われた。

 

だから、私はフォークソングの良い聴き手ではないし、詳しい知識もない。

しかし、不思議なことにフォークソングは耳に残っていて時折無性に聴きたくなる。

中でも吉田拓郎の曲を聴きたくなる。

ため息とともに懐かしさを感じる。

あの頃の音楽の世界は素人がその才能だけを持って音楽世界を開いていたような感じがした。

彼らは旧体制を打ち破る若者たちだった。

自分もそれに連なる一人と思っていた。

いつしか20代を懐かしく感じるようになった。

 

吉田拓郎の曲といえば他にあると言われるかもしれない。

この曲の出だしの歌詞「たとえば僕が間違ったとしても正直だった悲しさがあるから」を聞くと心は若い頃に帰って行く。

まだ痩せた身体で垂れた眼ではなかった頃に。

吉田拓郎の曲の中で最も好きな曲の一つだ。

 

この曲を電脳世界の友人に送りたいと思う。

 

どうもこの動画の彼は調子がイマイチなのが残念極まりない。


流 星  by 吉田拓郎 2002 6/19

 

観た映画も人も

二日続けて映画館で映画を観た。

最初に見たのは招待券を頂いた「花戦さ」だった。

久しぶりの映画館で楽しみにしていたが、なんともつまらない作品だった。

主役の演技が過剰で、型に嵌って(H君の評)、内面から滲み出るものがない。

準主役の歌舞伎役者もまたしかり。さらに加えて彼には知性を感じることができない。

脚本もつまらない。史実をうまくまとめ最後に「感動」を加え一つのストーリーにしただけのような感じがする。

開始5分で出ようかと思ったが、あいにく両脇に人がいる席だったのと、せっかく頂いた招待券を無にするのが憚られたので最後まで我慢した。

感動がなく何も心に残るのがない。

これではあんまりと思い、もう一本観てみようと思った。

それで翌日、また夕方から小劇場で「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観た。

今度は役者の演技は過剰ではなく、何か感じるものがある。

しかし、2時間は長い。もう少しメリハリがないものか。

それに「こころ」の物語の面を出してもいいのではないかと思った。

もちろん、これは人の「こころ」を中心に置く立場からの感想なので一般的ではないと思う。

さらに、結末がなんとも・・・・。

なんともまとまりのない感想になった。

結局、観た映画も人もつまらなかったということになる。

 

 

 

 

与えられた「生」を歩む

Music:Johann Sebastian Bach

Piano:Sviatoslav Richter

The Well-Tempered Clavier, Book 1

この曲はグルダの演奏で聴いたことがあったが当時はあまり印象に残らなかった。

今回たまたまリヒテルの演奏を聴く機会があった。とても心地良い。映像の効果が大きいのかもしれない。

バッハは汲めども尽きせぬ音楽の泉のように思える。

だからなのか不協和音に慣れた耳にもバッハはとても現代的に感じられる。

天才陶芸家岡部嶺男はベートーベンの弦楽四重奏曲をよく聴いていたらしいが、私にはどこか遠く古臭い感じがして今ではほとんど聴くことがなくなった。

そういえば武満徹は病の床にあった最晩年、バッハのマタイ受難曲を聴いていたという。

しかし、マタイ受難曲はあまりに大掛かりすぎて聴き続けることができなかった。

静けさのある曲が好みだからかもしれない。

文章もまた静けさのあるものが好みだ。

山田晶先生が「トマス・アクィナス」(中央公論新社)に綴られた解説文「聖トマス・アクィナスと『神学大全』」は透徹した知性の持つ静けさとでも言うのだろうか、軽躁など微塵もない静けさと悲しみを感じる。

「生」の儚さを知り、真理に首を垂れ教えを請う人の綴る文章は静けさと透徹した悲しみがある。

だからと言って読後に心が打ち沈むのではない。

眦(まなじり)を決するのではなく、終わりのある与えられた「生」を真理に向かって淡々と歩み続けよう。

邪な欲に絡め取られた我が身であってもそんな清澄な気持ちになる。

 

 


Nostalghia(1983)/ Andrei Tarkovsky / BWV853

 

高邁な理念と精緻な理論で覆われたもの

黙想会に行く前、マリア様、聖ホセマリア、昨年帰天したドン・ハビエルに剽窃問題解決の執り成しを祈った。

黙想会は、世間を離れて神と向かい合い、自分の心を見つめ、祈りの時間を過ごす。

通常は一日、長い場合は三日、一週間のこともある。

小さな聖堂の一番前の席に座る。その席に座ると3メートルほど前にある聖人の聖遺物と向かい合うことになる。

参加者を祈りに誘うべくK神父は落ち着いた声で講話を始める。

程なくK神父の声は遠くに消え去り、私は祈りではなく件の問題を考え始めた。

正義・公平の理念に反する著作権侵害

著作権侵害を理由とする損害賠償請求及び不当利得返還請求の法律構成の問題点を検討していた。

核心部分はより多くの賠償金を得るための構成だった。

 

より多くの賠償金を得る。

 

私は、正義公平の理念の下、理性的な法律構成によって、自分の金銭欲、名誉心、復讐心、虚栄心、支配欲を実現しようとしているのではないか。

二重の綺麗なベールに覆われたのは邪な欲望と心ではないか。

それらを覆い隠すために高邁な理念と理性的で専門技術的な言葉と論理を用いている。

 

金銭欲、名誉心、復讐心、支配欲を持ちながら虚栄心がそれらを覆い隠そうとしているからこそ「欲深くありたいのだが」「からっきし欲が出ない」と先日の記事に記したのだろう。

相反する邪な思いのため身動きできない「状況なので全くやる気なし」になっていたのだ。

邪な欲望と心の存在を「こころ」は知っていたのだ。

「心を天上に置くにはどうすればいいのだろうか」とはそのような邪な欲望と心を知っている偽善者の哀れな言葉だったのだ。

 

法的責任と道義的責任追及をしない。

再発防止だけを要請し、全て不問に付すことにしよう。

件の問題については今後一切考えない。

そう決めた。

心が軽くなった。

 

ちょうどその時、講話をしているK神父の声が耳に入った。

エス様は「七の七十倍も赦しなさい」とおっしゃいました。また「人を裁くな」ともおっしゃっいました。

信仰は知識ではなく行いですよ。

 

K神父さんにはこの問題について相談していたので、講話の後、法的及び道義的責任追及を一切しない旨伝えた。

私の話を聞くと「きょう、この家に救いが訪れた」とルカ第19章第9節の言葉を引用された。

 

黙想会に行く前、マリア様、聖ホセマリア、ドン・ハビエルに希ったのは邪な欲望の実現だったが、神様は最も善き解決策を教えて下さった。

 

 

 



 

 

心を天上に置くにはどうすればいいのだろうか

友人の弁護士から連絡あり。

係争以前の段階なので詳細を明らかにすることはできないが、法律問題に踏み込まずに解決策を模索するのも手かなと思案中。

以前、社会福祉法人の事業所の経営再建した時も、法律問題を検討した上で法律問題に踏み込まず別の方法で解決した。

しかし、その時はかなり大掛かりな仕掛けを作った。4県に跨る仕掛けで関係者もかなりの人数だった。

あの時は、従業員から助けてくれと言われ動いたが今回は自分の問題なので半ばどうでもいいような気がする。

欲深くありたいのだが。

人のことならそうできるが自分のこととなるとからっきし欲が出ない。

しかし他方で不正義を黙って見過ごしていいのかとも思う。

 

明日は大きなイベントでMCをするのだが、こんな状況なので全くやる気なし。

 

 

 

ベンジャミン・ブリテンの動画を視聴して心を天上に置くとしようかな。

この動画は最初のProcesion(2分50秒まで)をよく聴く。

独り言またはメモのようなものを公開するのはどうかと思うが・・・ご友人のみなさまご宥恕ください。

(このエントリーは後日削除かな)

 


Benjamin Britten - A Ceremony of Carols

縁のあるところ

月曜日の夜、友人の弁護士と剽窃問題について相談をし、こちらの希望を伝えた。

問題を検討した上で今後の方針等について返事をするとのこと。

さてどうなることか。

その後、友人が最近贔屓にしている店に寄った。

綺麗な女性がいる店だった。

少なくない料金を支払った友人には申し訳ないが、そんな店と女性のどこがいいのかさっぱり分からない。

そんな金があるなら、気の合う友と食事を共にする方が良い。

ありがたいのかどうか分からないけど、そのような夜の店はついぞ縁がなかった。

お金のこともあるが、それよりもそこでの会話が全く楽しくないからだ。

 

教え子がバイトしている店で友人と談笑していた。

何を楽しそうに話しているのか興味を持ったらしい。

コーヒーのお代わり注ぐ時に楽しそうに話している私たちの話を聞いたそうだ。

私たちは稲作地帯に大量虐殺がありうるのかを議論していた。

 

先日から仕事のため専門書を読み込んでいるからなのか、あるいは梅雨の蒸し暑さのせいなのか、全く写真撮影してない。

カメラを持ち出すことがなくなった。

表現すべきものが失われたようで撮影意欲が湧かない。

写真の代わりに音楽をどうぞ。

 

 


Toru Takemitsu - Litany (in Memory of Michael Vyner) for Piano (1989) [Score-Video]

 

音がメロディに統められていない。

音程とリズムと音色は統められずとも四散もしない。

「現代音楽」が好きな所以だ。